世界の偉人についてのブログ

偉人に関する話題を取り上げていきます!!!

偉人たちのお話

世界には、たくさんの偉人が存在します。

偉人の逸話みたいなのも、たくさんありますよね。

今日はその中から気になった方たちを。

 

アインシュタインの名言について。

「大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。」

これは、仕事をする上ではもちろん大切なことだと思いますし、生きる上でもとても大切だと思います。子供心を忘れないといいますか、色んなことに興味を持たないと、生きていても覇気がないと思います。心が病んでいるときは、何にも興味がもてなかったりしますし、いろんなことに疑問を持てるというのは、視野が広がっているということで、大事なことだなぁと思うのです。

「一見して人生には何の意味もない。しかし、一つの意味もないということはあり得ない。」

生きることに何の意味があるのかと、問うことはあるでしょう。誰でも考えてみたことはあると思います。残念ながら、意味などないと、私も思います。しかし、うまれたからには、意味のある人生にしたいなと思うものです。うまれたからには!と考えて生きていれば、生きることにたくさんの意味を持てるのではないでしょうか。

「天才とは努力する凡才のことである。」

努力というのはとても大切です。毎日努力できるということは、その事が好きなのでしょうし、それだけ打ち込める精神が、成功へと導くのだと思います。

そして、アインシュタイン以外にも。

出光佐三の名言。

「人を育てるのに、手間暇を惜しむな。」

何にかける時間を優先するか、大切にするかということです。人を育てるのが大事だと考えていたんですね。出光さんは。

「会社がいよいよ駄目になったら、みんなと一緒に乞食をするまでだ。」

会社のことをもちろん大事に考えているし、一緒に働いている仲間を本当に大事に考えているなと思います。トップがそういう考えでいるということは素晴らしいことだと思います。

「何をやるにしても考えて考え抜く。それが私の一生である。」

考えるということはとても大事です。苦しいからしんどいから考えることをさぼってしまうということも多々あると思います。しかしこういう成功している、トップに立つひとたちというのは共通して、全くさぼることなく、本当に真剣に考え抜いていると思います。

それが私の一生だといえるくらい、考え抜くことができたら、本当に成功すると思います。

そんな出光佐三さんが作った、出光という会社はいまお家騒動なんかありますけど、このトップのことを思い出して、仲良く頑張って欲しいものですね。

創業家と経営陣がきちんと和解しますように。経営陣が、勝手に昭和シェルとの統合をすすめたりしないように、願っています。出光佐三ファンとして。

小春日和

こんにちは。最近は寒くなってきて暑い夏より晴れた日が好きになり良いですね。

夏の潔いカラっとした日差しも好きですが、秋や冬のたまに見る穏やかな晴れ間にありがたさを感じて出不精な私もちょっと近くの公園を散歩しようかなという気になります。

寒くて晴れた日の外は不思議と家の中にいるよりも周りの喧騒を遠く聞こえさせます。

平日の昼間だったので小学生などはいませんでしたが赤ん坊をつれた主婦の方や老夫婦の方々などがいらっしゃって座っているだけでとても和やかに過ごすことができました。

冬の晴れ間は貴重ですからね、皆さんもそんな日は是非外に出てみてはいかがでしょうか?

家の中で寝ているよりも案外疲れが取れるかもしれませんよ。

さて、いかにも小説家っぽいというような文章はこれくらいにして…偉人大好きな私はまた色々な偉人の名言に心打たれている訳ですが、名前は有名な方でもその人が言った名言などは以外と知らない方が多いのではないでしょうか。

皆さんアーネスト・ヘミングウェイはご存知でしょうか。

名前くらいは聞いたことあるという方がいらっしゃると思います。

ノーベル文学賞を受賞しているアメリカの小説家です。

最近はこの方の名言がとても心に刺さるのです。

その中に「善とは何か。後味の良いことだ。悪とは何か。後味の悪いことだ。」

という言葉があります。

善とは何か悪とは何かということをシンプルに表わしていてとても好きな言葉です。

ちなみにこちらから色々な名言が見ることができます。

http://iyashitour.com/archives/23677/2

そういえば私が気にしている出光のお家騒動。

経営側の勝手で創業側が起こって実力行使にでて友好関係を解消しているそうです。

元はといえば合併の話を経営側が創業側に相談なしに進めていたことが原因なんですよね。

それから株の割合を下げるために増資するという強行にでてそれまで話し合いに応じていた創業側も怒ってしまったとのこと。

このお家騒動は収束がついてどっちに転がっても後味が悪そうですね。

古今東西の偉人たちで性格分析

古今東西の偉人たちの行動や手段を通じて、性格を分析することもできると考えています。実際には単純な作業ではありませんが、長く時間をかけても調べてみたくなるような面白さがあるため、大人の趣味としても最適ではないでしょうか。

共和政ローマ時代の偉人では、キケロカエサルの2人に注目しています。2人の性格は全く違うもので、歴史家たちの評価も大きく分かれているようです。簡単に言えば、カエサルは理性的な政治家であると考えています。彼は軍人であると同時に、ガリア戦記という著名な文学作品を残しており、現在でもラテン語を愛好する人たちから高く評価されています。キケロの場合には、理想主義的な哲学者ではないかと思われ、政治家としてはカエサルに劣ると考えざるを得ません。キケロのほうが感情の起伏が激しいと考えられるのは、激烈な言辞が並ぶ弾劾演説を見れば分かることで、カエサルの単純明快な散文と比較しても、性格の違いが明瞭に分かるのです。

日本の戦国時代では、織田信長をはじめとする三英傑の性格を分析することが好きです。織田信長は苛烈な所業で有名ですから、相当に短気な性格ではないかと考えられる向きがありますが、実際には違うと思っています。確かに残酷なことも行っていますが、楽市楽座を開設したり、南蛮と積極的に関わるなどの政策を実行しています。政治家としては優れているのは確かですから、短気な部分があっても評価を下げる原因にはならないはずです。

徳川家康の場合には、忍耐強い性格であることはすぐに分かります。これは、青年時代までは今川家の人質になっていたためで、天下を取ってからも人質時代の辛い経験を活かして、慎重に政策を実行していました。豊臣秀吉の場合には、豪快で明るい性格を連想することができます。処世術に長けていることは、織田信長に気に入られていたことからも明らかです。

戦後の偉人の例では、元首相の田中角栄を外すことはできません。昭和22年に初当選してからは連続16回の当選を果たし、今太閤や闇将軍の異名を取った政治家です。織田信長と比較されることがありますが、実際には徳川家康豊臣秀吉の要素も持っている政治家です。豪快な政治家だと思われがちですが、実際には大変な努力家で、六法全書を丸暗記するほどに繊細な性格でした。自身は戦前の高等小学校卒業でありながらも、大蔵省などの官僚からも支持されるほどの能力を持っていたのですから、本当にすごい政治家だったと思います。

どんな力が必要か?

皆さんこんにちは。

少し前の話ですが、とある会社の人事部に勤めている方とご飯に行ってきました。その時に就活に必要な事は何だと思う?と質問されました。

僕は迷わず、自分の事を如何にアピール出来るかが一番大切だと思います。と答えました。

するとその方にそこがずれてるんだよ。と一蹴されてしまいました。

君のアピール力なんか問題じゃあない、必要なのは情報力だよ。アピールなんか会社に入ってからすればいい。まずはその会社がどんな人間が必要で、どんな人間は不必要なのか知ることだ。そう言われ凄く納得しました。

それからというもの色々な会社の事を調べてみました。

例えば、大手企業でも会社によって学歴が関係ないところもあれば学歴至上主義で有名大学出身でないと出世は見込めないとか。どこの企業はブラックでどこの企業がホワイトだとか。最近ではブラウン企業なんていうのもあるそうです。

こうして色々調べていたところ、たまたま出光興産のお家騒動にいきつきました。

このお家騒動どんな事かというと、出光興産と昭和シェルの合併を進める経営陣に対して創業者側が反対している事で対立が深まっているという出来事です。

創業者側が反対する理由はもちろん色々あるようですが、その反対理由の中でも特に僕が共感したのは社風が変わってしまうという理由です。

全く別の会社が一つの会社になるわけですから、社内の雰囲気はどうなるかわかりませんよね。働きやすい職場だと思っていた人が、新しい職場の雰囲気が嫌で辞めてしまうという事もあると思うんです。しかもこのお家騒動に対して経営陣がとった対応が凄いんです。

それは公募増資です。公募増資というのは新たに株式を発行し株の比率を薄め、創業者側から意見を言う権利を奪ってしまおうとする事です。このやり方は酷いですよね。汚いというかなんというか。とにかく早く事態が収束する事を願っております。

企業について調べていると色々な事が知れていいなと思った今日この頃です。

偉人の有り難い言葉

学生時代は、将来に対して大きな夢を抱いていても、いざ社会人になってみると、社会の厳しさや仕事の厳しさを思い知らされますよね。
厳しい現実に遭遇すると心が折れそうになりますが、そんな時に役立つのが偉人の有り難い言葉です。
若い頃の純粋な夢を思い出させてくれ、もう一度がんばろうという気持にしてくれますよ。
仕事で壁にぶち当たって立ち止まっている人は、偉人の言葉をかみしめるべきで、そこには乗り越えるためのヒントが隠されています。

日本の偉人で有名な言葉に、世の既成概念を破るというのが真の仕事である、という言葉があります。
この言葉は、とても心に響く名言で、日本を生まれ変わらせるために奔走したある人物の人生を象徴している名言です。
既にあるサービスや商品だけで儲けるのは難しく、仕事を成功させるためには、現状打破の心意気が必要です。
着眼点は、まだ世に出ていないものに目をつけることで、それこそが、この名言の言う既成概念を破ることに繋がります。

偉大なアイデアマンであった海外の偉人も素晴らしい名言を残しています。
それは、自分が出したアイデアを少なくとも一回は人に笑われるようでないと、独創的な発想をしているとは言えない、というものです。
これはけだし名言で、実際に考えてみると、仕事で何かアイデアを思いついた時、きちんと上司に提案している人は少ないのではないでしょうか。
多くの人は、アイデアが浮かんでも、ひょっとして人から笑われるのではないかと躊躇することが多いです。
そうした中、この名言は、アイデアは人から笑われるような突拍子のないものでないといけない、と叱咤激励しています。
要するに、仕事を成功させるには、常識にとらわれない斬新な独創的なアイデアが必要であると言っているのです。
新しい道を切り開くためには、少しくらい常識はずれなアイデアの方がむしろちょうど良いのかもしれませんね。
この言葉は、仕事での常識を破る勇気の重要性を示唆している偉人の名言と言えるでしょう。

日本の偉人の言葉で、印象に残る、仕事に役立つとても素晴らしい言葉があります。
それは、争うなかれ、という短い名言で、この言葉は、冷静になる心を取り戻す力があります。
仕事を続けていると、同じ会社や同業他社と争い合う状況になることがよくありますが、争うために商売をしているわけではありません。
何のために仕事をするのかということを考えさせてくれる言葉で、仕事は世のため、人のためにあることを教えてくれる名言です。

アニメから歴史が好きになる

最近テレビで偉人が猫になって登場するというアニメがあってよく見ています。これがかなり面白く作られていて感心します。昔は偉人というとスーパーヒーローのような感じがしていたのですが、今では猫になってアニメに登場するものか出てくるような時代になったのです。そのため、子供にとってはとても親しみやすく覚えやすいようになっているのも魅力的なところです。

ただ、猫になっていることでいろいろと誤魔化しがある気もしますがこれはこれで面白いのかもしれません。見ていると勉強になるなというところと、これはちょっとふざけ過ぎだなと感じるところもあります。まあ、そういったことも含めてアニメなのでいいかなとも思えるところです。

偉人というと何か近寄りがたいイメージもあったのですが、こうしたアニメが出てきたことで、より馴染める存在となることは間違いなさそうです。これまでは歴史が嫌いだったというような子供もこうしたアニメから歴史が好きになるということもあるでしょう。そういった意味ではとてもいいアニメだと思います。猫なのでいろいろなところで、気ままに動いたり、寝たりするというオチがあって笑えるところが継続して見られることにもなっています。

偉人の話には興味がないという人もいるのでしょうが、こうしたものから興味を持ってもらうといいかもしれません。知るといろいろなことで参考になるからです。昔のことだから今の自分には関係ないと思っている人は損をしているかもしれません。人はいろいろな経験を知識にすることで昔の人がした失敗などを避けることが出来るからです。戦争のような悲惨な出来事があったことを知ることで、戦争を知らない世代でも戦争はしてはいけないということを学ぶことが出来ます。偉人はさまざまなことを成し遂げた人たちですから、そうした人たちの苦労をしることで、その価値を知り、今の自分がそうした人たちの苦労の元にあるということを実感することも出来るようになります。

もちろん、今の自分があるのは、そうした偉人の人たち以外の人によるものもあるわけですが、そうした昔の人たちの苦労や努力をしれば、今の自分たちがどういう立場になっているのかということも分かってくるような気がします。偉人がどういう考えでどういう行動をしたので、何が起きたのかということを知れば、自分がどういう行動をすればいいのかということの参考にもなるでしょう。過去に学ぶことは多いという気がします。

偉人たちの苦労は世界共通

ドラマ化されたり、映画化されたり、とかく国や人種を問わず、ひとびとは偉人の話が好きです。
日本でも、日本人の偉人から、世界の大物まで、本が出れば平積みになり、ベストセラーになることも、めずらしくありません。
日本であつかわれる偉人ものは、大きくふたつに分けることが出来ます。ひとつは、戦国時代および幕末もの。龍馬や新撰組など、幕末ものの人気は、いつも一定数あり、衰えません。
ですから、手を変え品を変え映画化などもされるわけですが、人気を確実に得ているのは、織田信長と、坂本龍馬になります。
この二人は、もちろん合いまみえてはいませんが、共通の際立った特徴があります。それは、その時代きってのカブキモノということです。
カブキモノとは、歌舞伎の語源である、派手なやつ、尋常でないやつ、ということです。常軌をいっしたことを平気でやってみせ、人びとを驚かせる、そういう気質の人物だったということが、共通点です。
歴史に残る偉業を成し遂げるだけでなく、ほかの人物より好まれ、愛され続ける偉人は、愛嬌があり、おのれの欠点をも隠さず魅力としてアピールしてしまう性格の人が多いです。
外国の動物を積極的に入れて、人々に象を見せてみた織田信長といい、誰もはかなったブーツを一番はじめにはいてファッションリーダーにもなった坂本龍馬、彼らは、既成概念にとらわれず、人から何を言われても気にしないで、人生をおおいに楽しんだと言えるでしょう。
二つ目は、世界の偉人ものです。アインシュタインや、ホーキング博士、最近で言えば、スティーブ・ジョブズや、マイク・ザッカーバーグ、投資家のウォーレン・バフェットなどです。
皆さんが毎日のように使うAmazonの創設者、ジェフ・ベゾズも、年々人気が出ており、その波瀾の人生に興味を持ったり、影響されるひとも、増えてきています。
彼らは、成し遂げることのスケールが地球規模なわけですが、何がしかの障害がある人が多いのが特徴ともいえます。例えば、ホーキング博士は難病におかされていますし、スティーブ・ジョブズは、シリアからアメリカにわたった、いわゆる難民の二世にあたり、苦労人です。
Amazonのジェフ・ベゾズも、親が学生結婚の上すぐに離婚し、二人目の父親の姓がベゾズで、一人目の父親はどうしようもない男で早死にしたという経緯があります。
偉人と言われる人たちの人生は平坦ではなく、並みの人物より苦労をしていたり、大きな賭けに出て失敗も成功もしているという点は、世界共通のようです。